【節分】恵方巻きの食べ方

関西の文化として節分の日に食べられていた「恵方巻き」(えほうまき)

簡単に「恵方巻き」の食べ方をご紹介します。

1,その年の恵方の方角に向いて
・2011年は、「南南東やや右」
・2012年は、「北北西やや右」

2,願い事を思い浮かべて!

3,切らずに、無言でお祈りながら少しずつ食べる。

【ここがポイント!】
・切らずに食べるというのは、縁を切らないようにするという意味がこめられている。
・無言で食べるのは、食べ終わるまで願い事を唱え続けるという事を意味しており、
恵方巻を食べている時にしゃべると福が逃げる。
・具材は七福神にちなんで7種類使うと、より福が呼び込める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です