ボウリングを楽しむ方法【マナー編】


Image: jscreationzs / FreeDigitalPhotos.net

ボウリングって、たまにやると楽しいですよね。
せっかくやるなら、上手くやって楽しみたい!今回はボウリングを気持ちよくプレーするためのマナーを3つ紹介します。

ファールラインを超えない。

ファールラインを越えたり・踏んだりすると、ピンを何本倒しても 点数になりません(ボウリング場によっては「ブー」とブザーがなったりします)。 また、レーンの表面には特殊なオイルが塗ってあるので、もしファールラインを越えて、そのオイルを踏んだりすると、滑って非常に危険です。また、アプローチにもオイルがついてしまうので、他の人が投げにくくなってしまうので、気をつけましょう。

ボールを放り投げない。

ボーリング場で勢い余ってボウリングボールを文字通り放り投げてしまっている人を見かけることがありますが、危ない上に、レーンにも傷がついてしまうのでやめましょう。また、放り投げてしまうと、コントロールがつけられないので、基本的にあまりいい点になりません。

隣の人と同時に投げない。

お互い気が散るというのもありますが、同時に投げるとボールや足などが隣の人に当たる危険があります。一般的に右側の人を優先するというのがボウリングのマナーだそうなので、なるべく守りましょう(たとえ隣のレーンの人が知らなかったとしても、こちらで気を付けていれば問題ないでしょう)。

マナーを守って楽しくボウリングをしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です