【珈琲の楽しみ方】最後に残った珈琲の味わい

珈琲を飲んでいるとき
最後にコーヒーカップの底に濃い珈琲がが残りますが
その濃い珈琲の楽しみ方、味わい方を紹介します。

ほんと簡単ですよ!

■用意するもの

 ・珈琲
   ※普通に淹れたものを
 
 ・コーヒーミルク

 ・砂糖

■STEP1

完全に飲み干すのではなく、少量珈琲を残してください。
目安は、お好みで。

■STEP2

残った濃い珈琲にミルクをお好みの量をいれてください。

■STEP3


さらに、お好みで砂糖を入れてください。
あとはかき混ぜてお飲みください。

【ここがポイント!】

 珈琲の残った濃い部分は
 本来の自然な珈琲の味わいが出ている部分ですので
 こういった飲み方をすることで
 自然の珈琲の味わいを楽しめますよ!

 ビスケットなどを浸して食べる人もいるそうです。

“【珈琲の楽しみ方】最後に残った珈琲の味わい” への1件の返信

  1. イタリアンスタイルですね!
    僕もときどきやります。
    砂糖2袋入れて、どろどろにしたのが好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です