【ウィンタースポーツ】雪道での運転のコツ 


スノボやスキーを楽しむ季節、車でゲレンデに向かうときは
なるべく事故なくいきたいですね。

雪道の性質を知って、雪道を楽しく運転しましょう。

まずは、とにかくスタットレスタイヤやタイヤチェーンを用意しましょう。
それら無しで雪道を走る場合、天候などによって大変危険になりますので、
必ず装着をしてください。

また、運転中は何が起こるか分かりません。
チェーンの着脱などをしたことがない場合は、事前に練習し、
すばやく対応できるようにしておくとよいでしょう。

雪道で大切なのは、ブレーキやアクセルを急に踏まないことです。

急なアクセルはタイヤの空転につながり、横滑りなどにつながります。
スリップしたときに、急ブレーキを踏んでしまうと、逆にスリップしてしまいます。

スピードを出しすぎないように気を付けつつ、
スピードの出やすい下り坂や、凍っていやすい日陰、
遠心力の働くカーブなどでは特に気をつかい、安全運転を心掛けましょう。

ギアを下げて走行したり、ポンピングブレーキ(ブレーキを踏んだり離したり
しながら徐々にブレーキをかけること)を使いながらの走行も有効です。

チケットぴあ
楽天チケット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です