【世界三大音楽コンクール】チャイコフスキー国際コンクール

HMVジャパン

世界の音楽コンクールに登録されているコンクールは約120近くあります。
その中で三大コンクールのひとつチャイコフスキー国際コンクールを紹介します。

■チャイコフスキー国際コンクール
チャイコフスキー国際コンクール( – こくさい – 、英 International Tchaikovsky Competition)は
モスクワで開催されるクラシック音楽のコンクール。
 
 

【概要】
ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーに因んで名付けられ、1958年より4年おきにモスクワで開催される。当初はピアノとヴァイオリンのみが審査対象であった。1962年開催の第2回コンクールよりチェロが加わり、1966年より声楽部門が加わった。1990年からはヴァイオリン属の楽器と弓の製作技術を競う、ヴァイオリン製作者部門が設けられている。2006年はモスクワ音楽院大ホールの修理や、FIFAワールドカップが重なること、スポンサーの未決定などの理由から開催が一年見送られ、第13回コンクールは、前回から5年おいた2007年6月に開催された。数々の著名な芸術家を輩出してきたコンクールである。

コンクールは著名なロシア人音楽家からなる委員会によって組織され、Russian State Concert Company(Sodruzhestvo) が運営している。また著名な演奏家、音楽教授、音楽監督、元コンクール入賞者による国際審査員団が選出され、演奏の審査、入賞者の決定に携わる。現行の方式では、コンクールは6月に開催され、予備審査を含めて3次の予選が行われる。(旧ソ連時代は予備審査抜きで三次まで課された)初期には、点数順に8位まで表彰されていた。2007年時点では各楽器部門に6賞と男女声楽部門にそれぞれ4賞の、合計26の賞が授与される。歴史的には、1位を含め、いずれの賞にも該当者無しの場合もあれば、複数の演奏家が選出された例もある。1970年代までは誰でも応募でき、なおかつ演奏も可能な状態だった(観光の目的のコンテスタントまでいた)。アジア勢が大挙して押し寄せる時代を迎えた後、国内予選で選抜されたものしか第1次予選に進めなくなっていた。

AAFに加入と脱退を繰り返し、スポンサーに弱いなどの点を抱えているものの、第一級のソリストを輩出している点は不動である。2011年度から規約が一新され、コンチェルトを三曲も演奏させる部門まで登場するなど、「破格の」実力を求める点は変わっていない。また、国内予選で精鋭を選出する方式から、DVD審査と書類選考で一律に選考する方式に改められた。

楽天チケット
チケットぴあ

出展:wikipediaより

最近では、東洋人の受賞が多くなっているため、
西洋ではクラシックの本場・音楽界として「問題化」しているようです。
  

■受賞部門
  ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、声楽、弦楽器制作部門などがあります。

【神尾真由子】
  2007年6月に第13回チャイコフスキー国際コンクールヴァイオリン部門で優勝
[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=xDfI3TvcI_I]

【Pommersfelden in 2007 チャイコフスキー国際コンクールチェロ部門3位 】
[youtube:http://www.youtube.com/watch?v=tEX-cTUrlf4]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です