【珈琲の淹れ方】家にあるもので簡単にコーヒーを淹れる方法

いざ、おいしいコーヒーを淹れたいなと思った時

一般的に必要となるものが

  ・ドリッパー
  ・ペーパーフィルター
  ・ケトルまたはポット
  ・メジャースプーン
  ・コーヒー豆

これらを揃えるのは結構大変です。
ただ、コーヒー豆だけは近所のスーパーなどで簡単に手に入ります。

今回は、一般的に家にあるもので簡単にコーヒーを淹れる方法を
よく行く喫茶店で紹介していましたので
入れ方を写真にとらせて頂いたので紹介します。

■STEP1 準備するもの

  ・急須
  ・茶漉し
  ・あくとり
  ・コーヒー豆(挽いてある物)

     ※もしない場合も、コーヒー豆以外代用できそうなものがあれば大丈夫です。

■STEP2 1人前の分量

  ・コーヒー豆12g
     ※大さじ2杯 もしくは カレーなどを食べる時のスプーン2杯程度
  ・沸騰したお湯200cc

■STEP3 1人前のコーヒー豆を急須にそのまま入れる


 コーヒー豆を入れた急須に、沸騰したお湯200ccを
  ”お茶を淹れる要領で!”いれ、2~4分程度置く。

   ※4分以上過抽出となってしまい濃く苦くなり、美味しくなくなるので注意してください。

■STEP4 茶漉しとあくとりを重ねてカップに急須のコーヒーを注ぐ

    これで完成です!
 

【ここがポイント!】

茶漉しとあくとりを重ねてはいるものの、若干濁った珈琲になりますが、
この濁りが自然のコーヒー本来の旨さをだしていてとても美味しいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です